Author

NameTag_Match
Google Glass,

Google Glassの顔認識Glassware(アプリ)『NameTag』を試してみたら予想以上に凄かった

2014年に入り、日本でもますます話題となってきたGoogle Glass。仕入れも出来ないGlassを予約させて金をもぎ取ろうとする悪徳業者が現れるほど、現在は眼鏡型ウェアラブル端末の代表格とも言えるほどに知名度が上がってきました。

ところが、その一部ではGoogle Glassの利用によるプライバシー侵害の懸念についても論議されています。得に写真や顔から人物を特定するいわゆる『顔認識』については、Google自体がその技術を持っているものの、周囲による抵抗が原因でGoogle Glassには実装せずにいます。

実際には、Google Glassでは、公式の画面からインストールできるGlassware(Google Glass用アプリの正式名称)と、Android端末と同様に開発者モードにして直接インストールできるGlasswareの2種類があります。今のところ、その公式のGlasswareには、顔認識ができるものは一切提供されておりませんし、公式のAPIも用意されていません。

ところがFacialNetwork.comが、本家を差し置いて遂に世界初のGoogle Glass用顔認識Glasswareである『NameTag』を発表しました。

当然のことながらサードパーティーGlasswareであり、現在はまだβ版ですが、βテスターとして申請したところ許可が下りましたので早速使ってみました。

google-glass-wallpaper-hd2
Google Glass,

まだまだ続くGoogle Glass狂想曲 – そもそも存在しない『アクティベーション作業』の代行サービスが現れた

先日、悪質なGoogle Glass並行輸入についての記事に好評を頂きましたが、まだその波は止まっていなかった!

本日、「Gオンラインズ」という業者による、Google Glassのアクティベーションを代行するというサービスが登場し、そこら中で無料のプレスリリースサービスを通じてお知らせを配信しまくっております。また来たかと思い、実際にサービスを見て私は笑ってしまいました。

2014-01-10 17-03-12

どこかで見たような値付けですねw

何度も言いますが、我々Google Glass Explorerの公式コミュニティでも4月発売についての話は一切まだでておりません。不確定なものに高額のデポジットを支払う前によく考えて下さい!

ところで、この「Google Glassアクティベート代行・販売」というサービスですが、実はこの業者は重大な間違いを犯してしまっています。

glass
Google Glass, Google+,

Google Glass狂想曲 – 日本人よ悪徳並行輸入に騙されるな!本当はこんな感じです

1 comment

何故か昨日からGoogle Glass関連の話題が熱いと思えば、どうやら並行輸入業者の予約受付を受けて色んなメディアがそれを取り上げてしまったようです。

しかも、その業者がなんとも怪しく、そこの表記をまとめると「先に69,800円払えや。でも商品入らなくてこっちに支払い能力なかったら代金返さないからね。」というどう見ても法規上問題のある免責事項が。

ガジェット好きで、裕福で、更に英語に弱い。そんな日本人を狙った悪徳並行輸入業者だと判断いたしました。

さらにはそこにGoogle Glassに全く縁のない方達が意見を投げ合って、どうも収集がつかない状況になりました。

私もそれを受けて、要注意のツイートなどを配信しておりましたが、本日午後に大元 隆志さんが書いた記事がYahoo!ヘッドラインにシンジケートされ、そこに私の名前も取り上げられていました。

本業で取り上げられたい!という話は別にしておいて、そこで書かれたことには一部誤解もあることから、Google Glassについて一人の公式Google Glass Explorerとしてまとめてみます。

2013-11-15 10-06-42
ガジェット,

複数の磁気カードを1枚にまとめるガジェット『Coin』はカード裏にサイン可能なことが判明

先日の記事「自らスキミングするという発想はなかった!大量のカードを1枚にまとめるガジェット『Coin』が素晴らしい」はかなりの反響を頂きました。

多くは「財布を薄くする」という利便性と日々の問題解決に期待するポジティブなものでしたが、中には批判的なものや日本の法規違反の可能性やセキュリティを懸念するものもありました。

Contour-Crafting
テクノロジー・ビジネス,

あなたのマイホームを明日までに3Dプリンターで印刷いたします

私が3Dプリンターを初めて目にしたのは、2001年のCESでした。

物体をレイヤー毎に印刷していくという原理は現在と同じであるものの、当時はまだ造形物が砂に埋もれた状態で印刷され、最後に砂を振り落とすという工程が当たり前でありましたが、レンチや自動車の部品などが目の前で印刷されることに感動をしたことを今でもはっきりと覚えています。

そこから10年以上たった昨年の2012年頃から、欧米のクラウドファンディングなどでも続々と新しいコンシューマー向け3Dプリンターが登場してきました。現在では家庭で利用できるサイズにまで小さくなり、価格帯も一般消費者の手が届くところまで降りてきました。

Windows-8-1
ガジェット, テクノロジー・ビジネス,

Windows 8.1でLogitech(Logicool)のSetPoint.exeのエラーを止める方法

Windows 8.0から8.1のアップグレードでは、モニターのドライバがおかしくなったり、いくつかのツールのドライバを再インストールする必要が出たりと、毎度のごとくトラブルを全て解決するために一定の時間を費やしてしまいました。

しかし、どうしてもLogitech(Logicool)社のマウスとキーボード用ユーティリティであるSetpointだけは、再度インストールをしようがVisual C++のランタイムを更新しようが、それが表示し続けるエラーを止めることが出来ずにいました。

ところが、本日ふと思いついた方法を試したところ、見事にエラーだけは出なくなりましたので共有させて頂きます。

Top