Browsing Category

ソーシャル・メディア

gplus-local-icon-button-thumbnail-logo
Google+, ウェブ・サービス, ガジェット, ソーシャル・メディア, その他, テクノロジー・ビジネス,

GoogleプレイスがGoogle+ローカルとしてリニューアル – 各Google関連サービスとの連携も強化

本日、Googleプレイスが完全にGoogle+に統合され、その一部である「Google+ローカル」としてリニューアルされました。

既にGoogle+の左のリボンメニューには「ローカル」項目が追加されています:

youtube-logo-icon-thumbnail-badge
おもしろ, ソーシャル・メディア,

ストックフォト873枚から作られた素晴らしいプロモーション動画

873枚のストックフォトから作られた1分の動画がとても素晴らしいので共有させて頂きたいと思います。

この動画は、AlmapBBDO社がストックフォトサービスGetty Images社のために、半年もの時間をかけて5,000以上の写真を調査した上で作成したプロモーション動画です。

タイトルは「From love to Bingo」。

facebook-camera-icon-thumbnail-button
Facebook, ウェブ・サービス, ガジェット, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Facebookが自身を写真SNSとして使うための公式アプリ『Facebook Camera』をリリース

Facebookが、自身を写真SNSとして使うためのiOS用公式アプリ『Facebook Camera』を本日リリースしましたので、実際にインストールして試してみました。

アプリを立ち上げてみますと、自分のウォールで写真が投稿されているもののみが抽出され表示される仕組みになっていました:

Android Droid icon logo button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Android版Google+アプリがVer.2.6としてインターフェイスを刷新 – 直接ハングアウトの開始が可能に

2週間前のiOS版アプリに次ぎ、Android版Google+アプリのインターフェイスがVer.2.6として刷新されました。

今回大きく変わったのはそのストリーム画面です。

各投稿の画像がiOS版と同様に大きく表示されるようになりました:

gmail-logo-icon-thumbnail-button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

GmailがGoogle+連動機能を更に強化 – 検索パラメーターにサークル名を利用可能に

GmailがGmailがGoogle+サークルとの連動機能を更に強化しました。

まず、Eメールアドレスでメールを検索した場合に、該当するユーザーの連絡先情報などが検索結果に表示される様になりました:

google-new-logo-icon-thumbnail-button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

ナレッジグラフ型セマンティック検索+ソーシャルグラフ型パーソナライズド検索=史上最強の検索エンジンGoogleとなるか?

Googleが、おそらくソーシャルグラフを大々的に取り入れたパーソナライズド・ソーシャル検索である「Search Plus Your World」を導入した今年1月以来の、大規模なアップデートを導入しました。

google-plus-gplus-logo-icon-thumbnail-button-new
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Google+のキーボードショートカット一覧を表示する方法

Google+のデザインがリニューアルされて日がたちましたが、今日までこのキーボードショートカット一覧の存在に気がつきませんでした・・・。

キーボードの「?」を(シフトキーと共に)押すと、ショートカットの一覧が表示されます:

security-lock
twitter, ウェブ・サービス, セキュリティ, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

自分のtwitterパスワードが流出したかどうかをもっと簡単に一発で確認する方法【2012/05/09流出事件版】

no comment

本日、5万5千件以上のtwitterアカウントがそのパスワードを含めて流出したと報道されました。

追記:なお、この流出に関してはtwitter本家から日本語でもアナウンスが出ました。

予想通りフィッシングサイトからの流出だったようです。

流出先はアカウント数が多いため5ページにわたり掲載されているため、自分のアカウントが流出したかどうかを確認するには5ページにわたって5回検索を行う必要があります。

そこで、自分のアカウントが流出したかどうかを一発で確認する方法をお教えします。

Top