Blog
iOS 5新機能の簡単なまとめ【写真付き】

iOS 5新機能の簡単なまとめ【写真付き】

twitter

WWDC 2011にてiOS 5の新機能が発表されましたので簡潔にまとめてみました。

改善されたプッシュ通知

プッシュ通知はまとめられて、まるでAndroidのように・・・、画面上部を下方向にスワイプすると表示できるようになります。各通知ごと、もしくはまとめてすべてを消去可能。ロックスクリーン上にも表示とのこと。


ニューススタンド

雑誌や新聞の定期購読をまとめて表示。

Safariリーダー

Safariから直接、まるでInstapaperのように・・・、ウェブページの一部を切り取って保存するという新機能です。Safariにはタブが標準装備され、切り取ったウェブページは後でまとめて読むことが可能。

リマインダー機能

いわゆるTo-Do機能です。位置情報にひも付かせたTo-Doを設定しておくことによって、位置に近づいた際に知らせることも可能。さらにカレンダー連動で、複数デバイス感でも共有可能。

カメラ機能の強化

ロックスクリーンにカメラボタンが設置されます。また、カメラアプリではVol UPキーがシャッターに。さらにピンチでZoom可能。一定の箇所をタップ&ホールドで露出の設定が可能。おまけにカメラアプリで写真の切り取りや回転、レッドアイ修正、自動補正が可能に。

分割キーボード

画面の左右に分割してタイプしやすいキーボードを搭載。

PCなしでのアクティベーションとアップデート

PCがなくても、アクティベーションやアップデートが可能に。

iMessage

いわゆる、FaceTimeのSMS版とでも言いましょうか、キャリアネットワークに依存せずにiOS同士でやりとりできるメッセージング機能です。Apple IDで使えるので、iPodともやりとりが可能に。

iCloud

写真、音楽、アプリ、ドキュメントをクラウド上に保存し、無線でデバイスにプッシュします。ベータ期間は無料で1,000曲まで保存が可能とのこと。正式サービス(追加ストレージ?)は年24.99ドルで秋に開始予定。

リリースと対応デバイス

2011年秋を予定。対応デバイスは、 iPhone 3GS、iPhone 4、iPad 1、iPad 2、iPod touch(第3、4世代)です。

そして、個人的に一番大きいのは・・・・

iOSへのtwitter機能の統合

噂通り、twitter社が自前の写真投稿サービスを開始した理由はこれでしたね。

iOS5では、OS自体がtwitterに直接対応します。iOS自体にログイン情報を保存し、地図やカメラ、YouTubeアプリ、アルバムから直接ツイートできます。

サードパーティー製のアプリは、その一元管理されるログイン情報を利用可能。(複数アカウントを管理できるかは不明。)

私個人としては、運営しているサービスがtwitterにも関わることから、iOSからの利用が増えるためありがたいのですが、クライアントアプリのデベロッパーにとってはかなりの大打撃となるのではないでしょうか?

また、もしFacebookについて今後同様のディープな実装がされないとすれば、今回のこの連携は欧米でFacebookに引けをとるtwitterにとっては大きなアドバンテージになりますね。

今回のアップデートは、個人的には3から4へのそれよりも大きいですね。

以上、iOS 5新機能の簡単なまとめでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top