Blog
どうにかやっと招待を取り付けたG+er(Google+ユーザー)にありがちなサークル状況

どうにかやっと招待を取り付けたG+er(Google+ユーザー)にありがちなサークル状況

Google+

私自身も、見知らぬ方からのGoogle+招待希望を受け付けていますが、真っ先にGoogle+を使いたいのにもかかわらず、なかなか招待状がもらえず、やっとの思いで招待を取り付けたようなユーザー層にはこんなサークル状況の方もいらっしゃるのでは?

特定のサークルメンバーだけに投稿をPostすると、サークル名はばれませんが相手には他のどのユーザーに対してPostされたか見えてしまいますのでご注意を!

なお、Googleの公式ブログでG+er(=Google+ユーザー)という表現が使われていたので採用してみました。

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

Google+実名制度についての議論はこちらのGoogle+コメント上で。

招待状が欲しい方は、こちらからGoogleアカウントのメールアドレスをお知らせください。

また、他のGoogle+関連記事はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

1 Comment
  1. 逆にTwitterのPerfumeクラスタと同じ感覚で、Perfumeサークルだけを作っているんだが、目的があれば一つのサークルだけ肥大するのは、有りじゃないのか? #prfm

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top