Blog
Google+はビデオチャット利用中の名前変更で匿名アカウントを捕獲している?

Google+はビデオチャット利用中の名前変更で匿名アカウントを捕獲している?

Google+

本日、とあるユーザーさんのGoogle+での投稿と、その他の皆様の考察により、おそらくGoogle+が匿名アカウントの捕獲に利用しているであろう条件がわかって来ました。

どうやら、以下の2つのタイミングが重なると、その時点で匿名アカウントが停止されているケースが多数多発しているようです。

  1. ビデオチャットを利用中に、
  2. 名前を変更する。

個人的には、この組み合わせは本来もっと不正なビデオチャット利用者をモニターするためのものであり、その際にたまたま利用規約違反である「匿名アカウント」であることが見つかり、アカウント停止に至っているのではないかと推測しております。

さすがに文字などの組み合わせで、分母数千万のユーザーをモニターすることはコストパフォーマンスが悪いですからね。

いずれにせよ、Googleの明確なガイドライン発表を待ちつつ、ひやひやしながら匿名アカウントの利用を継続されている方は、上記の組み合わせは避けた方がよいかもしれません。

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

招待状が欲しい方は、こちらからGoogleアカウントのメールアドレスをお知らせください。

また、他のGoogle+関連記事はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top