Blog
Google+が『除外』というユーザー無視機能を追加

Google+が『除外』というユーザー無視機能を追加

Google+

Google+が「Google+での関係をより実生活に近づけるため」に、既存のブロック機能に加え「除外」という無視機能を追加したと発表しました。

日本時刻で2011年8月26日午後10時に、「無視」機能が日本語化されましたが、なぜか「無視」と「除外」という言葉が混在しています。このページでは、その時点でのフレーズで説明しています。

特定のユーザーの無視は以下の場所から行えます:

  • 右上の通知や通知ストリームから「無視」
  • 追加してきたユーザーが複数の場合は通知から「すべて除外」
  • 「サークル外から」ストリーム上の「共有」から「除外」
  • サークル管理画面の「あなたを追加したユーザー」から「除外」

「除外」を使って無視をすると:

  • 「あなたを追加したユーザー」から外れます。
  • 今までのものも含めてそのユーザーの「共有」はあなたの「サークル外から」のストリームにも表示されません。
  • 無視しているユーザーがあなたをコメントで+メンションを使って名指ししても、あなたには通知が表示されませんし、あなたのストリームには現れません。

ただし、ブロックとは違い無視したユーザーは:

  • あなたの「共有」に対してコメントできます。
  • あなたを写真にタグ付けできます。またその通知が来ます。
  • あなたをサークルに追加できます。
  • お薦めユーザーに表示されることがあります。

のでご注意ください。

なお、除外しているユーザーを解除するには、ブロック済みのユーザーと同様サークル管理画面の右上から「その他の操作」をクリックします:

そこから、「除外したユーザーを表示」をクリックします:

該当するユーザーの「除外を解除」をクリックすると除外を解除できます。

この無視機能の日本語のマニュアルはこちらです。

 

正式発表の動画はこちらからご覧いただけます。

http://www.youtube.com/watch?v=JU___xbsMMQ

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

招待状が欲しい方は、こちらからGoogleアカウントのメールアドレスをお知らせください。

また、他のGoogle+関連記事はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top