Blog
Google+がビデオチャットルーム(Hangout)のAPIを開発者向けに公開

Google+がビデオチャットルーム(Hangout)のAPIを開発者向けに公開

Google+

本日、Google+が開発者向けにビデオチャットルーム(Hangout)のAPIを公開したと発表しました。

あらかじめウェブアプリを開発して登録しておくと、誰がビデオチャットルームにそのアプリをロードできるかを指定できます。

そのアプリはあたかも通常のウェブアプリのように動作し、Hangoutのリアルタイムのビデオチャット機能を利用できます。アプリはAPIを通じて利用者全員のアクションを同期して通信できるため、既にビデオチャットルームに実装されているYouTube動画同時再生のような機能が実現できるというわけです。

また、APIにはビデオチャット参加者の映像や音声をミュートするメソッドも用意されているため、Google+ Hangoutを使った会議システムやゲームなど様々なアプリケーションの開発が可能です。

APIはこちらから利用登録ができ、APIの詳細なドキュメントはこちらからご覧いただけます。

今後、Hangoutを使ったどのようなアプリが登場するのか楽しみですね。

なお、本日行われたGoogle+の数多くのアップデート内容のまとめはこちらをご覧下さい。

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

1 Comment
  1. ひょっとして、凄いことになるかも?

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top