Blog
『SNSインフルエンサーの恐ろしいコンバージョンレート』『古き良きものを新しくするガジェット』 –  Overtex通信Vol.2

『SNSインフルエンサーの恐ろしいコンバージョンレート』『古き良きものを新しくするガジェット』 – Overtex通信Vol.2

オーバーテックス通信

前回に引き続き、20代のほとんどをシリコンバレーに捧げた私の「斜め目線」から見たグローバルなテクノロジーネタと、弊社サービスの最新情報をお届けする「Overtex通信」Vol. 2です。

今日のお題は『SNSインフルエンサーの恐ろしいコンバージョンレート』『古き良きものを新しくするガジェット』の2つです。

SNSインフルエンサーの恐ろしいコンバージョンレート

弊社が提供しております人間ソーシャルアドネットワーク「ソエンドoden」では、Qrust影響力スコアが高いインフルエンサーほど高いクリック報酬を得ることができるという史上初の試みを行っており、ネットワーク広告の数倍以上という効果を上げさせていただいております。

ソエンドoden

そのサービスのおかげで、今までには誰も提供できなかった「SNSユーザーの媒体価値」というデータが露呈してきたという訳です。

実は私は、サービスの開始以来トランザクションのデータを寝る暇も惜しんで眺めているのですが、その中でもいわゆるインフルエンサーと呼ばれる影響力の高いSNSユーザーにおけるコンバージョンレートの高さには目を見張るものがあります。

たとえば、一般的な上位インフルエンサーの成績を一つお見せしましょう。これは、とあるクライアントのキャンペーンのレポートから抜粋した実数値です:

クリック数 676
RT数 11
コンバージョン 33
Qrustスコア 99.41Q

このユーザーは1ツイートから11RTと676クリックを発生させ、その676クリックからなんと33件の商品購入を誘導しました。すなわち、自分のツイートでクリックさせたユーザーのうち約20人に1人を商品の購入までに至らせているわけです。この場合のユーザーのコンバージョンレートは約5%となり、かなり高い数値となっていることがおわかり頂けるでしょう。

もし、このユーザーにクリック単価20円を支払ったと仮定すれば、20円/5% = 客単価100円で購入に至らせることができたわけです。

「これぐらいのパフォーマンス他の媒体でもあるでしょう?」と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

実は、「ソエンドoden」ではこのようなコンバージョンレートは珍しいものではありません・・・・・

と言いますか、もうぶっちゃけ正直に事実を話します。

実際には、「弊社サービスの善し悪しに関係なく」、ソーシャルネットワーク上にはこんなコンバージョンレートを実現できる素晴らしいユーザーが「無数に」存在していると言うのが事実です。

しかも、余りにRT値などが高いとツイートが特定されてしまう可能性が出てきますので、実は今回は上の中あたりのデータを公開いたしましたが、実際にはコンバージョンレート7%や時には10%を超える数値を見て感動することも多々あります。

実際に同業の方ならおわかりでしょうが、通常数%以上のコンバージョンレートを「安定して」提供できる媒体は存在していたでしょうか?

いや、実際は「安定して」提供できる媒体は存在しないでしょう。なぜなら、媒体=この場合は人のメディア力は盛衰するものだからです。

正しく言えば、短い期間のスナップショットで見た場合ではこのようなコンバージョンレートを提供できるユーザーが無数に存在しています。

単に、それら素晴らしい媒体としてのユーザーにリーチする手段がなかったというわけです。リーチできないので、推測して人気があるだろう、そんなブロガーさんに記事を書いて頂くような手法などが主流だったわけです。

もう一度、実際にこのユーザーのQrust影響力スコアを見てください。99.41Qと非常に高くなっております。弊社提供の影響力Qスコアと1配信から発生させるクリック数には相関関係が見られるのですが、最近ではそのQ値が高いユーザーほどコンバージョンも高いと言う事がわかって来ました。

「ソエンドoden」の強みは、その場その場で影響力の高い方に都合良くPRして頂けるというおいしい仕組みです。

あらかじめクライアントのPRに貢献できるであろうユーザーにより還元する、その仕組みを作り上げたからこそ、このような優良な媒体=人によってPRがなされ、結果的にクライアントの費用対効果を最大化が実現できたという訳でした。

実際にソエンドでは「oden」を使ってマスユーザーにPRをしていただき、その後キャンペーンと親和性の高いインフルエンサーに対しては直接「penne」を使って個別にキャンペーンをオファーすることも可能ですので、その手法をとれば更に費用対効果の高いPRキャンペーンが行えます。

今までのキーワード連動広告は、興味あるユーザーの検索を待って捕まえる、そんな「プル」方式のPR手法でした。その手法では、競合に溢れるマーケットではリーズナブルな予算でリーチすることが困難となっています。

それに対してソエンドOdenは、既に存在している興味のつながり=「Interest Graph」にクライアントのメッセージを到達させ伝搬させる、「プッシュ」方式のいわゆる口コミマーケティング「Buzz marketing」を体系的にかつリーズナブルに提供できるようになった初のサービスです。

もし、出稿に興味がおありの方はぜひ私に直接ご連絡下さいませ!

古き良きものを新しくするガジェット

あなたは、ガジェットが好きですか?

はい、私は大好きです。

もうこれは一種の病気で有り、私に至っては幼少から続く重傷です。

幼少期:ゲームウォッチからゲーム機
学生時代:Zaurusなどの電子手帳からノートPC
20代:PalmからVisorまでの新世代モバイルガジェット、そしてデジカメの登場
30代:スマホ、さらにはタブレットまで

もう数年先にアラフォーという文字が見えてきた私ですが、いまだにスマートフォンはAndroidとiPhoneの両方持ち、タブレットも両方持ち、当然Kindleは複数台持ちです。新機種が出れば購入は今や自然現象ですね。

それにとどまらず、今目の前にあるだけでも、手書きのメモをワイヤレスでクラウドに保存できるスマートペンLivescribeやLTEのWiFiルーター、撮影後に焦点が変えられて3D撮影もできるLytroカメラなど。

まさに不治の病です。

そして、このガジェット病で困るのが、新機種に乗り換えた後の旧機種の扱いです。最新機種の性能を一瞬味わった後は、もう後ろを振り返ることはできません笑

さらには売却や譲渡を怠ると、私のようにiPhoneだけで4,5台所有ということになりかねません。引き出しにはガジェット博物館ができあがるわけです。

しかし、古いものでも「取り替えたくない」ものもあります。例えばスピーカーなどは良い例です。私は引っ越しや頻繁な移動の都合で最愛のB&Wシステムを手放しましたが、そのようなものや楽器などは古いものが良いとされること、そして愛されることが多いものです。

しかも、そういった古き良きものほど最新のテクノロジーとの親和性や互換性が低いものです。

今回Kickstarterで見つけたこのガジェットは、それら古き良きものに最新の技術を与える素敵なガジェットです:

このキューブ上のガジェットthe Vampを使えば、あなたが気に入ったどのようなスピーカーにもBluetooth機能を付加することができます。これさえ有れば、あなたのスマートフォンで手元から好きな音楽を、好きなスピーカーからワイヤレスで鳴らせるという訳です。

しかもバッテリーで10時間稼働、もしくはUSBケーブルORアダプターで電源供給も可です。まさに、古き良きものを新しくするガジェットですね。

常に先端のテクノロジーを提供してくれる最新ガジェットも魅力ですが、こういった古き良きものと最新テクノロジーの共演を実現する最新ガジェットも実に素敵なものではありませんか。

おっと、「元のMP3音源の音質が悪い」やら、「Bluetooth規格で飛ばした音を最高級スピーカーでならしても・・」といったような普段私がするような発言は今日はなしということで。

ソエンドoden新機能のお知らせ

弊社の提供する「人間ソーシャルアドネットワーク」ともいえる「ソエンドOden」ですが、今回は以下のような新機能を追加いたしております。

■ランディングページ自動振り分け機能

iOS用、Android用と個別のランディングページを設定していただければ、クリック時に自動的にユーザーを振り分ける機能を実装いたしました。

アプリのプロモーションで、各スマートフォンユーザーを直接アプリストアに誘導することにより、より高いコンバージョンレートが見込めます。

PCからのアクセスは従来通り標準設定のランディングページに誘導いたします。

スマートフォン向けのキャンペーンに是非ご活用下さい!

 

ではまた次回まで失礼いたします・・・。

 

この内容は、希望者の方や弊社取引先の方々にメールでお送りしているものを周回遅れで掲載しているものです。

Overtex通信をリアルタイムでお読みになりたい方はこちらから購読申し込みをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top