Browsing Tag

利用規約

identity-id-icon-button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Googleの元CEOエリック・シュミット氏が『実名を使いたくなければGoogle+を使うべきではない』と公言

National Public Radio社のアンディ・カーヴィン氏が、MediaGuardian Edinburgh International Television Festivalにて、Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏から、Google+の実名ポリシーについていくつかの回答を得たとGoogle+上で公表しました。

name policy icon logo
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Google+が『通名』ポリシーを実例付きで改訂 – Googleが言う『通名』とは?

本日、Google+が「通名(common name)」ポリシー(英文)を実例付きで改訂しました。

ところが、日本語版のマニュアルはもう何バージョンか古いものになってしまっていますのでその変更点を簡単に確認し、日本ではその「通名」についてどうすれば良いのかを考えてみたいと思います。

google_plus_gplus_android_logo_icon_button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

とうとう日本のGoogle+でも匿名アカウントの停止処分が開始された

1 comment

今日、Google+では匿名アカウントが凍結対象の理由となるリスクがある旨をお知らせしましたが、ついに日本でもアカウント凍結の処分が始まったようです。

実際に停止処分を食らったのは、UroniLLさん。下のスクリーンショットが、UroniLLさん自身がその旨をわざわざ別アカウントを作成して報告した際の投稿です。

google_plus_gplus_android_logo_icon_button
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Google+も実名アカウント以外は凍結の方向か?実際に凍結された匿名アカウントが発覚

すでにユーザー数2,000万が射程圏内となり、文字の装飾方法やショートカットが判明してきた話題のGoogle+ですが、今日はさらに驚きの事実が発覚しました。

どうやら、Google側では、Googleプロフィールの名前の欄には本名を書き、ハンドル名は「他の名前」欄に書くことを推奨する方向で進んでおり、現段階ではアバター名で利用されているアカウントは、凍結の対象となりうるとのことです。

Top