Blog
2011年8月11日付けで発表されたGoogle+における4つの仕様変更について

2011年8月11日付けで発表されたGoogle+における4つの仕様変更について

Google+

2011年8月11日付けでGoogle+にて4つの仕様変更が発表されましたのでお知らせします。

コメントでの+メンションの改善

ちなみに、Google+での+メンションとはtwitterでいう@メンションのようなものです。

今回、相手がプロフィールの「検索の公開設定」を「検索結果に表示しない」設定にしていたとしても、自分の投稿にコメントをしてきた際に限っては、+メンションの候補に表示されるようになりました。

相手が既に話しかけてきているので、こちらも名指して話しかけることには問題がない、と判断されたと言う事ですね。

ブロック済みサークルの撤廃

サークル管理画面から、真っ赤なブロック済みのサークルがなくなりました。

ブロックしたユーザーの管理は、サークル管理画面から「その他の操作」、「ブロック中のユーザーを表示」で行えます。

そこからはブロックしたユーザーの解除が行えます。

通知ツールバーとページのそれ以外の部分とにおけるイベントの統合

Google+の上部にある黒いツールバーと、ページのそれ以外の部分とで、技術的にイベントが統合されました。

これがどういうことかと言いますと、以前は、ツールバーの通知からユーザーをサークルに追加したりした場合、それがすぐには下のコンテンツに反映されなかったのですが、ツールバーとコンテンツのイベントが統合されましたので、ツールバーで行ったアクションが、すぐに下のコンテンツにも反映されるようになりました。

たとえば、ツールバーの通知部分からあるユーザーをサークルに追加した場合、ストリームが更新される際にリロードやストリームの切り替えなしにそのユーザーの投稿がちゃんと表示されるようになったということです。

URLによる新しい招待方法

これは、以前お伝えしましたとおり、8月5日に追加されたURLによる招待方式です。

メールによる招待は無制限ですが、URLによる招待には150という上限が設けられました。

いちおうこの新機能については再度お知らせしておく、とのことです。

フォロワーカウントアルゴリズムの統一

以前は、サークル管理画面で表示するフォロワー数が10,000で止まってしまったり、サークル画面でのそれとプロフィール画面のそれとでずれが生じていたりしましたが、フォロワーをカウントするアルゴリズムの改善と統一により、表示される数値も統一された、とのことです。

個人的にはまだ表示のずれがあるような気がするのですが・・。

以上、4点の仕様変更ですが、それら仕様変更よりも大きなニュースは、Google+が「被サークルユーザー」を公式に「フォロワー」という名称で呼び始めたことです。

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

招待状が欲しい方は、こちらからGoogleアカウントのメールアドレスをお知らせください。

また、他のGoogle+関連記事はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top