Blog
Google+のストリームをインライン翻訳する公式Chrome拡張機能『Google+ 向け Google 翻訳』が公開

Google+のストリームをインライン翻訳する公式Chrome拡張機能『Google+ 向け Google 翻訳』が公開

Google+

本日、Google翻訳チームが、Google+のストリームをGoogle翻訳を使ってインライン翻訳する公式Chrome拡張機能「Google+ 向け Google 翻訳」を公開したと発表しました。

驚くことに、Googleはこのストリーム翻訳ツールをGoogle+の標準機能としてではなく、Google Chromeの拡張機能としてリリースしてきました。

実際にインストールしてみますと:

右のカラムに「Translate everything to 日本語 Powered by Google翻訳」というリンクが追加されました。

実際にそのリンクをクリックしてみますと:

ストリームの全「共有」ポストが自動的に日本語に翻訳され、ハイライトされた状態になります。

そのハイライトされた文にカーソルを合わせてみますと:

ちゃんと一文ごとに原文をバブルで表示してくれるので便利です。

「共有」ポストごとに翻訳したい場合は、各「共有」下に設置された「翻訳」リンクをクリックすることができます:

ストリームごと翻訳されたときと同様、翻訳された「共有」ポストは翻訳され、ハイライトされた状態になります:

翻訳した「共有」は、「原文を表示」をクリックすると元の言語に戻ります。

また、Chromeのツールバーにはアイコンが追加されます:

そのアイコンを右クリックしオプションを見てみますと:

このように翻訳に使用したい言語や、Google+でのリンク表示、翻訳語のハイライト表示の色が設定できる様になっています。

なお、翻訳は先述の通り「Google翻訳」の性能に依存しておりますので、日英の翻訳精度はご覧の通り信頼できるものではありません。

ただ、Google翻訳は他の言語でだいたいどのような内容が書かれているのかを把握するのには便利なツールです。

個人的な経験ではフランス語と英語のようにアングロサクソン言語同士の翻訳の精度は比較的高いようですが、どうもアジアの言語は翻訳精度がまだまだ低いようです。

日進月歩で翻訳の精度は向上していますが、Google翻訳に100%頼ることは危険ですので気をつけましょう。

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

招待状が欲しい方は、こちらからGoogleアカウントのメールアドレスをお知らせください。

また、他のGoogle+関連記事はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top