Blog
Google+が「共有」投稿内容の検索機能をユーザーやSparksの検索と融合する形で提供開始

Google+が「共有」投稿内容の検索機能をユーザーやSparksの検索と融合する形で提供開始

Google+

本日、Google+がユーザーだけではなく「共有」投稿内容の検索機能を実装しました。

サイト上部の検索ボックスに実際に検索キーワードを入れてみますと:

このように「共有」の検索が候補の一番上に出来てます。これをクリックするかもしくはエンターを押すとキーワードに関する「共有」が検索できるようになりました。

実際に検索してみますと、検索結果にもサブメニューが追加されています:

 

それぞれの項目では、

  • 「人物」 – ユーザーのみを検索。
  • 「Google+の投稿」 – Google+での「共有」の内容を検索。
  • 「Sparks」 – Sparksのニュースを検索。
  • 「すべて」 – 上の3つをすべて検索。

といった検索の使い分けが可能となりました。

面白いことに、「すべて」の場合は、検索キーワードによっては、ユーザーのお薦め情報が表示されました:

検索結果に表示されるお薦め情報から直接サークルに追加することが出来るようになっています。

また、「人物」以外の検索結果には、その下に検索結果のソート順を変更できる項目が表示されます。

  • 「ベスト」 – 関連性の高いものの順に表示。こちらが標準です。
  • 「新着順」 – 時系列で新しいものから表示されます。

いろいろ試したところ、「ベスト」では、+1やコメント数などの反響指数と、新しさなどの新鮮指数の両方で表示順を決めており、単にキーワードの関連だけでソートしているようではないようです。

更に、検索結果は先ほどの「この検索を保存」をクリックすることによって、「Sparks」の検索結果と同様Google+画面左のカラムに保存し、いつでも簡単に呼び出せるようになっています。

また、検索結果のページにはキーワードや検索条件によってユニークなURLが与えられ、簡単に他のユーザーと共有できるようになっています。

たとえば、大阪に関するニュースはこのようになります:

https://plus.google.com/s/%E5%A4%A7%E9%98%AA/sparks

ただし、ここで注意せねばならないのは、検索結果は見るユーザーによって変わって来ると言う事です。

この検索結果には、あなたを公開範囲に含めて共有されたものだけが表示されます。ですので、もし該当する検索結果が公開範囲に含めていないユーザーは同じ検索結果を見ることができません。

なお、検索結果には本家Googleのようなサーチオペレーター「OR」などが使えるようです。しかし、様々なキーワードを検索してみたところ、日本語での単語の検索にはまだ不完全のようです。

この「共有」の検索機能は多くのユーザーから要望の声が上がっていましたが、単に検索を追加するというのではなく、期待以上のものが仕上がってきました。

皆様も是非お試し下さい。

なお、本日行われたGoogle+の数多くのアップデート内容のまとめはこちらをご覧下さい。

 

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , , , , , , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top