Blog
Google+のソースコードから更に発覚した12の新機能とは

Google+のソースコードから更に発覚した12の新機能とは

Google+

2011年9月28日に同様の記事を書きましたが、その中の新機能が一切実装されていない中、Google+のソースコードから更に数多くの新機能が発覚したようです。

1.ハッシュタグのオートコンプリート機能

ハッシュタグを入力する際に自動的に候補が表示されるようです:

ただ現在はダミーの一覧が表示されるのみの段階のようです。

2.ハッシュタグのブロック化

+メンションでユーザー名を入力するときと同様に、投稿ボックス内でハッシュタグも青い1ブロックとして表示され、BackSpaceキーで削除すると丸ごと削除されるようになるかもしれません:

3.新しいサークル管理画面

サークルの名称のごとく円形のインターフェイスを使っていたサークル管理画面が、そのユニークなインターフェイスを捨てて新しい管理画面に移行するかもしれません。

サークル一覧は左に移動し、右側でサークルを管理できるようです:

4.サークルのサイズ設定???

通常サークル設定で見られるドロップダウンリストはこちらのソート順のみでしたが:

どうやらソースコードには「More」というドロップダウンが存在し、サークルサイズの増減設定があるようです。

おそらく、これはGoogle+デベロッパーがダイナミックにサイズを変えて調整するための内部機能でしょう:

5.写真アルバムの一覧表示の改修

どうやら写真アルバムでの一覧表示では、各写真のサイズが更に大きくなるかもしれません:

6.各写真へのリンク表示機能

各写真へのリンクが簡単に取得できるようになるかもしれません:

7.お薦め機能???

左のメニューで最近プレイしたゲーム一覧の下に「お薦め」という新しいメニュー項目が足されるかもしれません:

しかし、ソースコードで見つかったこの項目のリンク先はhttp://plus.google.com/plusones/postsとなっており、まだ何も存在しないようです。

8.コメントを許可する対象ユーザーの設定

どうやら、自分の投稿に対してコメントを投稿出来るユーザーを指定できるようになるかもしれません:

これは結構重宝する機能となるかもしれないので早く実装していただきたいところです。

9.各投稿に「ビデオチャットルーム(Hangout)」リンクを追加

各投稿にあるアクション一覧に、「再共有」の右に「ビデオチャットルーム(Hangout)」リンクが追加されるかもしれません:

これが実装されれば、各投稿の内容について即座にビデオチャットルームで意見を交換できるようになるのでしょうね。

10.特定のユーザーのミュート機能

特定の投稿だけではなく、投稿内の特定のユーザーのみをミュートする機能が、各投稿のアクションメニューに追加されるかもしれません:

これは皆様にも重宝される機能でしょうから、早期に実装されることを期待します。

11.右カラムにゲームアイコンの一覧表示

右カラムにゲームを薦めるアイコン一覧表示が追加されるかもしれません:

12.投稿の公開範囲設定のリフレッシュ

投稿の公開範囲設定のアクションメニューが改修され、アイコンが追加されるかもしれません:

冒頭でもお伝えしました通り、9月の時点でソースコードに隠されていた新機能でさえ依然ひとつも公開されていませんので、今回発覚した新機能のうちいくつが実際に実装されるかは定かではありません。

しかし、いくつかは私個人も今すぐにでも実装して欲しいと思えるものであり、今回はこの12の中から実際の新機能として公開されることを望みます。

この隠された新機能についての意見交換はこちらのGoogle+投稿のコメント欄でお願いします。

今後もGoogle+最新情報を配信しますのでもしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

もしよろしければ、弊社提携先の「宇宙会社ソエンド」のGoogle+ページもフォローをお願いします。

Facebook上にもGoogle+ユーザーのページがありますのでよろしければそちらの「いいね!」もどうぞ。

Upcoming Google+ features: hashtag autocomplete, new circle management, and more

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , , ,
Written by 朝山 貴生

1 Comment
  1. 5.01にVerUpしたら画面がゆれて、操作がしずらくなりました。ipod
    画面も半分で切れてしまうし、どうなってんの???

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top