Blog
Appleは新人エンジニアに実在しないプロダクトを開発させて信用テストをすることがあるというお話

Appleは新人エンジニアに実在しないプロダクトを開発させて信用テストをすることがあるというお話

ガジェット

Appleは、新人のエンジニアに実在しないプロダクトをしばらく開発させて、信用できるかどうかをテストすることがあるという嘘みたいな本当(?)のお話です。

Adam Lashinsky氏は新刊「Inside Apple」でそのことに触れ、更にLinkedInが行ったインタビューでそのことについて話した際に、Apple社の元社員がその内容を認めたとのことです。

その元Appleエンジニア曰く:

「私の友人はApple社のシニアエンジニアでした。彼は、彼のキャリアの初期を実在しない偽物のプロダクト開発に費やしました。そして、9ヶ月間の間面接を受け続けました。キツイ話です。」

その様子が映ったビデオはこちら:

http://www.youtube.com/watch?v=jmUhZ6wt3Oo

しかし、Appleのセキュリティ体制は本当に厳格ですね。

もし、どこかの企業が同じ事を日本ですれば、それこそ違う形で話題になりそうですね。

今後もテクノロジー関連の最新情報を配信しますので、もしよろしければ是非Google+で私をフォローしてみてください。

Facebookでは、Google+ユーザーのページを開設しているほか、私のフィード購読が可能です。

また、もしよろしければ弊社提携先の「宇宙会社ソエンド」のGoogle+ページもフォローを是非お願いします。

Apple Puts New Engineers On Fake Products Until It Can Trust Them

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , ,
Written by 朝山 貴生

No Comments

コメントを残す

Copyright © 2009 - 2014 Overtex Times by Takao Asayama - 朝山貴生ブログ
Top