Browsing Tag

Google

thin_4
Google Glass,

早速Google Glass用の公式眼鏡フレームTitanium Collectionを買ってみた – 取り付け説明画像あり

昨日、GoogleがGoogle Glass用の新しい眼鏡フレームをTitanimum Collectionとして4つ発表しました。

早速そのうち2つを購入してみましたが、Glassの場合とほとんど同じですから、せっかくですのでその購入プロセスを共有させて頂きたいと思います。

0
Google Glass,

【動画】遂にGoogle Glassがアニメ『シンプソンズ』のエピソード『Specs And The City』に登場

Google Glassが、遂にアニメ『シンプソンズ』のエピソード『Specs And The City』に登場し、現地時刻1月27日(日)の夜に放映されます。

その予告編をご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=kyLDaT6sZPs

予告編だけでもこのおもしろさですから、これは期待できますね!Google Glassネタとしましては、おきまりの下ネタもありますが、ホーマーが自分の家をGoogle Glassを通して見たら、将来価値の暴落を表示するというような、近い未来に実現できそうなシーンも出てきます。

そのタイトルも『Sex And The City』をもじったものになっておりますので、その『Spec』という言葉からも全編を通してGoogle Glassがフィーチャーされていそうな予感がします。

そして何よりもうれしいのは、Simpsonsのエピソードに取り上げられるぐらいにまで、Google Glassの認知度が上がってきたと言う事です。

ついでにおまけとしまして、興味のある方は日本では放送禁止となったエピソード『Thirty Minutes Over Tokyo』もどうぞ。

今後もGoogle Glass Explorerの一人として、様々な情報を発信して参ります!引き続き、Google Glassに関する質問はtwitterFacebookページGoogle+、そしてこの記事のコメント欄でも受け付けておりますので、是非フォローをお待ちしております。

games-balance
Google Glass,

Google社がGoogle Glass用のミニゲーム集Glasswareを公開

本日、Google社がGoogle Glass用のミニゲーム集Glasswareである「Mini Games」を発表しました。

この1年余り、ヘリコプターゲーム「Glass Copter」のようなサードパーティによる非公式アプリとしてのGlass用ゲームは存在しておりましたが、公式Glasswareとして採用されていたのはワードゲームの「Spellista」のみでした。

これらミニゲーム提供の目的は、Google Glassに搭載された様々なセンサーを用いてどのようなゲーム開発が可能かをデベロッパーに示すことであるため、各ゲームは非常にシンプルなものとなっております。

google-glass-wallpaper-hd2
Google Glass,

まだまだ続くGoogle Glass狂想曲 – そもそも存在しない『アクティベーション作業』の代行サービスが現れた

先日、悪質なGoogle Glass並行輸入についての記事に好評を頂きましたが、まだその波は止まっていなかった!

本日、「Gオンラインズ」という業者による、Google Glassのアクティベーションを代行するというサービスが登場し、そこら中で無料のプレスリリースサービスを通じてお知らせを配信しまくっております。また来たかと思い、実際にサービスを見て私は笑ってしまいました。

2014-01-10 17-03-12

どこかで見たような値付けですねw

何度も言いますが、我々Google Glass Explorerの公式コミュニティでも4月発売についての話は一切まだでておりません。不確定なものに高額のデポジットを支払う前によく考えて下さい!

ところで、この「Google Glassアクティベート代行・販売」というサービスですが、実はこの業者は重大な間違いを犯してしまっています。

google-plus-gplus-logo-icon-thumbnail-button-new
Google+, ウェブ・サービス, ソーシャル・メディア, テクノロジー・ビジネス,

Googleが全てのSNSにおける過去のアクティビティをGoogle+に統合するためのヒストリーAPIをプレビュー公開

昨日、Nexus 7やNexus Q、そしてGoogle+の新機能などがGoogle I/Oで発表される中、Venture BeatがGoogle+の新しいAPIに関する情報を入手したようです。

そして、私が見たところかなりのインパクトを持ったAPIです。

Top